18/11/08 新ブログOPENしました

美味しいものをいっぱい満喫したフォトウォーク(2)

こんばんは。
さまぬこ(TwitterID@smnksn_fuji2)です。

去る2019年2月2日(土)に、雄佐武(@OSamphoto1)さん主催のラーメン&小田急線沿線フォトウォークへ参加しました。
今回の記事は、そのフォトウォークへの参加記その2です。
参加記その1の記事はコチラ

町田フォトウォーク編

ラーメンを食べ終わった頃にぬこさんとも合流を果たし、町田駅周辺を軽く回ることに。


X-H1&Touit 1.8/32
町田駅といえば、ペデストリアンデッキがあるこの場所のイメージが強い。
ラーメンを食べに行った改札とはほぼ反対に位置する場所なんですが、どこからこんなに現れたんだ…と思うくらい人でごった返していました。
カメラ持っているだけでも十分目立つのに、みんなしてシャッターを切るもんだから道行く人々が何かあるのかと足を止めること多々。


X-H1&Touit 1.8/32
JR町田駅の改札前を抜けて移動。
向かった先は…。


X-H1&Touit 1.8/32
神奈川県と東京都の県境。
2度目の遭遇を果たしたMSEロマンスカーが渡っている川は『境川』。
昔から国境(相模国と武蔵国)として機能していたことが名前の由来だとか。


X-H1&Touit 1.8/32
下流方向を見通す。
とりわけキレイというわけではない川ですが、小魚を狙うカワセミを見かけることがあります。
最終的には『片瀬川』へと名前を変え、江ノ島付近の海へと注いでいます。


X-H1&Touit 1.8/32
この付近にドラマのロケで使われた場所があるとかで、プチ聖地巡礼をしてました。
写真は壁の彫像に手を挿入する雄佐武さん。


X-H1&Touit 1.8/32
聖地巡礼を終え、地下道をくぐって再び繁華街へと歩を進める。
ミラー越しにカメラを構える面々を撮るさまぬこ。


X-H1&Touit 1.8/32

繁華街で適度に飲食三昧


X-H1&Touit 1.8/32
繁華街には誘惑がいっぱい。

こじんまりとした駄菓子屋さん、まねきやの軒先で風車を手に取り童心にかえっていたら、その様子をみんなに撮影されてた。
店内はかなり混雑していたので駄菓子の購入は諦め。
というか、写真撮るの忘れてたわ…。

無性に鯛焼きが食べたくなったので鳴門鯛焼本舗鳴門金時いも鯛焼きを購入。
熱っつ熱つ(火傷しそうなくらい)で美味しかったのですが、こちらも夢中で頬張っていたので写真撮るの忘れた。

そんな熱々の鯛焼きに苦戦していたところ、他のみんなは一人のおじさんと会話をしていた。


X-H1&Touit 1.8/32
お茶屋さん老舗ひじかた園の店主さんが、店頭でほうじ茶の実演販売と試飲会をされていました。
ちょうど鯛焼きを食べていて飲み物が欲しかったところにほうじ茶のふるまい。
ツイてる。


X-H1&Touit 1.8/32
専用の焙煎機から出てくる炒りたての茶葉。
んん~~…香ばしくていい香り。
先代から受け継いだという焙煎機、歴史を感じるたたずまいはアンティーク道具としても魅力を放っていました。


X-H1&Touit 1.8/32
出来るだけ長く現役で動いてくれることを願わずにはいられなかった。


100g入って550円はお買い得だったので一袋買って帰りました。


店主さん曰く『熱湯で飲んでね! インター熱湯ってな』
おあとがよろしいようで。

スッキリした味わいのゴクゴク飲めるほうじ茶でした。
オススメです。

次回来訪時のターゲットを定めつつ次なる場所へ


X-H1&Touit 1.8/32
奥に見えるカレー屋さんアサノは有名らしい。
玉ねぎ100個を使うカレーとはいったい…。
つぎに来た時のお楽しみに取っておこう、ってか、次は絶対ここへ行きたい。


X-H1&Touit 1.8/32
仲見世商店街を突っ切って町田駅へと向かう。
この商店街のなかにも美味いラーメン屋があるとか。
これはまた町田へ再訪せねばならないようですね…第2弾のラーメン会、いつやりましょうか?

仲見世商店街を抜けた一行は、世田谷区の豪徳寺を目指し、電車で北上したのでした。


今回はここまで。
その3に続く。
その1はコチラから。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。